キラリとろーりムース 副作用

キラリとろーりムースには副作用はあるの?

白髪染めでの副作用と言えば、ジアミンによるアレルギー症状が有名です。

 

ジアミンは、ドラッグストアや薬局など市販で販売されている白髪染めによく含まれている成分で、キレイに染める効果があるのですが、注意が必要な成分です。

 

ジアミン(パラフェニレンジアミン、フェニレンジアミン)は、アレルギー性接触皮膚炎と呼ばれるかぶれの症状を起こすことがあるからです。

 

では、キラリとろーりムースには、このジアミンという成分が配合されているのでしょうか?

 

結論から言うと、ジアミンは配合されていません。ノンジアミン処方なので、ジアミンアレルギーの心配なく、安心して使うことができます。

 

では、次にキラリとろーりムースの全成分を見てみます。

水・DME・ミリスチン酸イソプロピル・DPG・炭酸水素アンモニウム・ステアルトリモニウムクロリド・クロルヒドロキシAl・フェノキシエタノール・水添ナタネ油アルコール・セテス−40・グリセリン・ヒドロキシエチルセルロース・セテアリルアルコール・オクチルドデセス−20・イソプロパノール・オレンジ果皮油・オクチルドデセス−16・ミネラルオイル・ポリクオタニウム−7・ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド・グリチルレチン酸・ラベンダー油・パンテノール・BG・PCA−Na・乳酸Na・カンゾウ根エキス・アカミノキ木エキス・アルギニン・アスパラギン酸・PCA・グリシン・アラニン・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・セリン・バリン・プロリン・トレオニン・イソロイシン・ガゴメエキス・ヒスチジン・フェニルアラニン・クチナシ果実エキス・窒素 (+/−)塩基性青99・塩基性茶16・塩基性赤76・HC青2・HC黄2・HC黄4

 

この中にアレルギー反応を引き起こす成分がまったく含まれていないかというと、残念ながらそうではありません。「ミリスチン酸イソプロピル」「ステアルトリモニウムクロリド」「セテアリルアルコール」などがアレルギー反応を引き起こす可能性があります。

 

ですが、これらの成分は他の白髪染めにもよく使用されていますし、よほど肌の弱い方でなければ基本的に問題なくお使いいただける成分となっています。

 

ただ、まれにアレルギー反応を引き起こす方もいらっしゃいますので、化粧品などでかぶれやすい方はパッチテストを行ってから使用するようにしましょう。

 

 

総合的には、キラリとろーりムースは、低刺激な処方です。

 

「髪や頭皮に刺激がない」と口コミでも評判ですし、かゆみやかぶれを起こしたという声も見かけませんでした。

 

お肌の弱い方でなければ、安心して使えると思いますよ^^

 

>>キラリとろーりムースの詳細はこちら

関連ページ

使い方の紹介
白髪染めカラートリートメント「キラリとろーりムース」の使い方を紹介します。より染まりやすくするポイントも解説しますので、ぜひご覧になってください。
キラリとろーりムースの色持ちは?色落ちが早い?
口コミでも評判のキラリとろーりムース。でも色持ちはどれくらい?色落ちが早い?気になる色持ちと色落ちについてご紹介します。
男性でも使える?
キラリとろーりムースは女性に人気の白髪染めカラートリートメント。では男性には使える?キラリとろーりムースが男性にも使えるのかどうかを調べてみました。
キラリとろーりムースは染まらない?
白髪染めカラートリートメント「キラリとろーりムース」は染まらない?染まらないという噂について調査してみました!
地肌が染まる心配は?
白髪染めキラリとろーりムースを使用すると地肌が染まってしまう心配はある?地肌への染まり具合を調べました。
ヘアケアキューブについて
キラリとろーりムースに含まれる特徴的な成分の一つがナノエッグ独自の成分「ヘアケアキューブ」。このヘアケアキューブって具体的などんな成分?こちらでご紹介していきます!
パーマ(縮毛矯正)との併用は?
ヘアカラートリートメントとパーマは併用できないという話、時々耳にしますよね。実際のところはどう?キラリとろーりムースとパーマの併用についてご紹介します。
よくあるQ&A
白髪染めカラートリートメント「キラリとろーりムース」についてのよくあるQ&Aをまとめました。キラリとろーりムースについての疑問をQ&Aで解消しましょう。
販売元のナノエッグとは?
白髪染めカラートリートメント「キラリとろーりムース」を販売するのは、ナノエッグという企業。でもナノエッグってどんな会社?どんな企業なのかを調査してみました!