自宅染め 染まりにくい

染まりにくいところはどうしたら良い?

白髪染めをするとなると、どうしても見えにくい部分や細かい部分、奥の方というのは染まりにくいものです。特に、「根本」「もみあげ」「うなじ」「耳の後ろ」などは染まりにくいですね。

 

せっかく白髪染めをしても、キレイに染まらないと気分が下がってしまいますよね…。ですので、こちらでキレイに染めるコツを少しご紹介しますね。

 

ポイントは塗り忘れのないように、しっかりと満遍なく液をいきわたらせることが大切です。自分では塗ったつもりになっていても、見えにくい部分は液が均一に塗れていないことがあるので注意しましょう。細かい部分にはコームで液をしっかりと定着させることが重要です。コームをジグザグに動かすのも良いですね。

 

量が多くて染まりにくい部分には、液量を多めにして押さえてあげるのも有効ですね。

 

他には、液を塗布し終えたら、上からラップやシャワーキャップをかぶって、ドライヤーで温めると色が定着しやすくなります。蒸しタオルなどで温めるのも良いですね。

 

冬は特に、室温が低いと色が入りにくいですので、温める方法はおすすめです。

 

以上のようなポイントに注意して、キレイな染め上がりを実現させましょう。

 

関連ページ

自宅染めと美容院どちらが良い?
白髪染めするなら自宅染め・美容院はどちらが良い?それぞれにメリット・デメリットがあるもの。自宅染めと美容院の違いを知って、自分にあった方法で白髪染めをしましょう。
白髪染めはヘアカラートリートメントがおすすめ
白髪染めするなら、頭皮や髪に刺激の少ないヘアカラートリートメントを選ぶのがおすすめ。カラー剤より失敗も少ないし、負担もない染め方です。